キュートなカタチのお薬

バラバラになってしまった、脚本、小説、エッセイ等々もう一度組合せ、凝りもせずブログ再開します。
実際の俳優さんや女優さんのお名前が出てまいりますが、まったくご本人様とは関係がございません。
あしからず。。。。。。。

ときどき天使いつも悪魔。8/

本郷、日本酒の入ったグラスを口に運ぶ。
本郷「そもそもマラソンにはならない。
   車椅子を押して走ることはできないからね。
   でも、意味はあるよ。」
賀来「乗る側、押す側にか?」
本郷「社会全体にさ。」


多部、チーズを頬張る。


本郷「マラソンコースの沿道にはハンデを持った人達がスタンバイしている。
   外に出る前の会場内にもスタンバイしている。」


本郷「そして助けてもらうのさ、皆に。
   これぞ助け合いでしょ。
   助け合うのさ、一方的に援助される、するのではなく。」


賀来「具体的に言うと?」


本郷「コースに階段をワザと入れるのさ。
   そうゆう時、健常者で何とかしようとするだろ。
   健常者とか障碍者とか関係なく、腕力のある者、何人かで持ち上げて運ぶのさ。」


多部「怪我人出るわよ。」


本郷「信頼。
   それと女優の演技力。
   車椅子から降りるか、泣くか、ギブアップか・・・」


賀来「ゴール出来ないな。」


本郷「ゴールなんてないさ。
   永遠に続くのさ。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。これを夏に書きたかったんだよぉ😢。。。
秋だよ。。秋!。。。師走も近いよ!。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。再発するんだな本当に。。。。
びっくりだよぉ。。。。。。入院怖いよぉ。。。。。。




PVアクセスランキング にほんブログ村