キュートなカタチのお薬

バラバラになってしまった、脚本、小説、エッセイ等々もう一度組合せ、凝りもせずブログ再開します。
実際の俳優さんや女優さんのお名前が出てまいりますが、まったくご本人様とは関係がございません。
あしからず。。。。。。。

〝冬子〟

雪深い街に僕は立つ。


子供達をカメラがとらえる。


団子になった子供達の中に〝とうこ〟と呼ばれる女の子がいた。


カメラを携えて〝とうこ〟の家までついて行った。


「冬の子供で冬子って言うの」冬子が言う。


家には冬子の母と兄がいた。


兄は精神疾患を抱えているらしく、母と何かもめていた。


冬子はそれを気にも留めず、私にインスタント珈琲を入れてくれた。


それから7年、私の撮る雪国シリーズはコンクールにも入賞し仕事も舞い込むようになった。


ふと懐かしく思い、冬子の住む街へ向かった。


冬子の家を訪ねる。


母が出て来て、冬子は次の春、写真を勉強するため東京に出るという。


僕は名刺を置いていった。


そして年が明けた春、冬子から連絡があり会うことになった。


8年ぶりに合う冬子は大人になったいた。


昼間、写真の専門学校に行き夜は居酒屋のバイトをしているという。


生活が苦しいらしい。


それならばと一緒に生活しようということになった。


そして、いつの間にか男と女の関係になった。


僕は仕事が忙しくなり留守をしがちになった。


冬子は専門学校で真面目に勉強していた。


そのうち冬子も部屋に帰らないようになった。


いつの間にか出て行ってしまった。


他に良い人でも見つかったか。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。