キュートなカタチのお薬

バラバラになってしまった、脚本、小説、エッセイ等々もう一度組合せ、凝りもせずブログ再開します。
実際の俳優さんや女優さんのお名前が出てまいりますが、まったくご本人様とは関係がございません。
あしからず。。。。。。。

スクリーンの画面がもつわ~流石!本郷君

氷菓、観ましたよ。
晩秋に似合う映画でしたね。


角川映画40周年記念映画だったんですか?
昔の派手さに比べると小品の様な気もしますが、いい映画でしたよ。
まぁ本郷奏多が出演しているから贔屓目に見ていますけどね、やっぱり。


眞島秀和も好きですよ。


タイトルが謎解きの鍵になるのですね。
ネタバレ注意とか必要ないでしょう。
アニメとか書籍でよく読まれている人気作品みたいですからね。


でもこれから観る方の為、ひねった感想を披露してみましょう。


氷菓というタイトルの文集の表紙のイラストですが、犬と兎が戦っていて沢山の兎が周りに居るというもの。
このイラストの意味を考えてみたわけです。
何と言っても角川映画40周年ですからね。
特別な意味があるのではと思うのです。
傍観者の兎たちはSNSやツイッター、インスタをやったりする人達、ネット民とかその周辺の人達。
犬は文学。
廃れ行く文学が必死になってもがき、兎と戦っている。


こんなんでどうでしょう?
角川さん。



PVアクセスランキング にほんブログ村


にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。